アルゴリズム

STAFF INTERVIEWやりたいことはできているのか?

事業づくりにも、
組織づくりにも貢献できる。
このステージだから
磨ける経験がある。

酒井 亮

大学時代にWebメディア企業に入社。Webの世界に魅了され卒業後もWeb会社に就職。大型Webプラットフォームの立ち上げを経験し年間MVPを受賞。2020年アルゴリズムに入社後、10以上のメディアの全体統括を担当。個人では競馬専門メディア/DtoCブランドを立ち上げるなど、幅広く活躍中。

どんな人と働くか。
が、企業選びの軸だった。

「どんな仕事かよりも、どんな人と働くか」が大切だ。そう気がついたのは、大学生活の傍ら始めたインターンの時でした。

入社したWebメディア会社は「互いにリスペクトしあうことが当たり前」そんな理念を掲げていました。その価値観を叩き込まれ、優秀な仲間達と切磋琢磨しあい、互いの良いところを引き出しながら働く。そんな毎日が刺激的で、自分自身もぐんぐん成長していくのを感じました。

そして大学を卒業し、就職してから2年半ほど経った頃。当時の私は、担当サイトの立ち上げを成功させ年間MVPを受賞。徐々に自分の成長を実感しつつあった一方で、同時に現状に何かモヤモヤを感じ始めるように。

考え抜いた結果、辿り着いたのは、やはり「互いに尊重し合い、高め合える環境でチャレンジしたい」という強い想いでした。相手へのリスペクトは大前提。みんなの力を一つにして取り組む、その過程で自分も磨かれていく。

そんな環境を潜在的に探していたのかもしれません。アルゴリズムに入社して1年、「どんな仕事かよりも、どんな人と働くかが重要」という考えは確信に変わっています。

困難を乗り越える。
チームマネジメントさえ楽しむ。

「仕事で大変なことがあっても、この人と一緒なら乗り越えられる。」働くなら、そう思える人と、思っていました。

転職活動を始めるとほどなくして社長の勝俣と会うことに。年齢は若いのに社会課題を解決するアイディアをもち、物腰柔らかく人をリスペクトする姿勢がある。「自由に働きながら成果を出す組織を作りたい」「人のせいではなく仕組みの問題と捉える」、面接で交わした言葉の節々に共感の嵐でした。一緒に働くならこの人だ、と直感的に確信し入社を決意。

入社後は、メディア事業部に配属され、10以上のメディアで記事クオリティからコスト、売上管理、そしてリソースマネジメントに至るまで全体統括を担当。また、当時は組織を再編成するタイミングでもあり、入社後いきなり組織課題にも取り組むことに。

経営陣からの期待と事業部メンバーの思いを重ね合わせるために、常に全員にリスペクトを持って臨みました。当初は、なかなか業績に反映できず、メンバーにも何度も迷惑をかけましたが、事業とメンバーの両方と向き合い、対話を続けていきました。

そして、メンバー全員で事業に向きあえるようになった時、過去最高の売上を達成することに。組織のメンバーを巻き込み、その成長を支えながら結果をだしていくという充実した体験ができました。

農業の会社になる!?
どんな変化でも、プロセスを楽しみたい。

入社面談のとき社長の勝俣から「来月から農業の会社になっても大丈夫ですか?」と聞かれました。私は心から「はい」と答えました。もちろん本当に農業の会社になるわけではありませんが(笑)

その問いは「社会にまだない答えを出すために突き進む。その中で会社に訪れるであろう大きな変化、そのプロセスを一緒に楽しんでもらえますか?」という意味だったと思っています。創業まもないアルゴリズムは、毎日が成長痛の連続。メディア運営だけでなく、いつの間にか組織課題に向き合うことで視野が広がっていました。

課題を見つけては立ち止まり、経営陣と話し合い、メンバーと対話しながら、“全員にとって最高の環境”を創り上げていく。そのプロセスを心から楽しんでいる自分がいます。「何をする会社なのか」より「物事にどんな姿勢で向き合う会社なのか」が大切。

ここにある、知的探究心を武器にして戦うという挑戦心とフラットに話し合える関係性。そんな空気感の中で働いてみたいという方には最高の環境です。どんな変化でも、そのプロセスも楽しむ、そんな我々の価値観に共有いただける方は、ぜひアルゴリズムの門戸をたたいてみてください。

社会の課題を
解決するために、
エンジニアとして
スキルをみがける環境

M.S

理工学部で情報工学を専攻。2020年からインターン生として入社。大学在学中にもかかわらずサイト構築・社内ツールの制作プロジェクトを主導し、徐々にプログラミングにのめり込む。AWSサーバ構築からPHPを使った開発まで、バックエンドを幅広く担当。短期間で急激なスキルアップを見せ、先輩 社員も一目置く存在に。2022年4月から正社員。

普通の環境はつまらない、
自由にチャレンジできる環境が
魅力的だった

大学は情報系に進み、二年生の後半から就職について考えるようになりました。企業に選ばれるのではなく、自分が選べる就職をしたい。そのためには、きちんと技術を身につけたいと思いプログラミングの勉強を始めました。

やがて半年ほどでPHPの基本が身につき、独学で美容サイトをリリース。もっと力を付けたい、実務経験を積みたいとインターンに応募。そこで出会ったのが、アルゴリズムでした。
実は他にも面接を受けていた会社があったのですが、力がつくイメージが湧かず、質問内容もマニュアル通り。作業をこなすだけの仕事のように感じて、“ 普通の環境 ”という印象を受けた覚えがあります。

一方、アルゴリズムでは社長・開発責任者の2人直々に面談をしていただき、意欲があればいくらでもチャレンジできる環境があると聞きました。社員・インターン問わず、正しいと思ったことは発言できるフラットな空気感、社内コミュニケーションの一環でゲームをしているという自由な雰囲気。

面接が終わる頃には「ああ、ここしかない」と確信していました。

社員もインターンも関係ない、
枠に囚われずとことん挑戦できる

入社後、まず経験したのはメディアの改修やサイト構築でした。WordPressで機能を追加したりUIを実装するなど、実際に役立つスキルが身につく手応えを感じました。

3ヶ月も過ぎ、職場に馴染んでいく中で、記事内の文章が薬事法に抵触しないかどうかのチェックについて、社内で課題があることをわかってきます。

私に何かできることはないかな、と必死で解決策を考え自らミーティングを設定。入社前から独学で培ってきた知識を元に課題をロジカルに整理。私主導で「薬事表記チェックツール」の構想を練ることになったのです。

アルゴリズムは、社員もインターンも、仕事する上では立場は一切関係ありません。入社まもないインターンの私でも、「一緒にチャレンジしてみよう」と快くプロジェクトを任せてもらえました。

そして、パイロット版を試作。社員の方々にもたくさんの意見をいただき、さらに完成度を高めていきます。自分で設計からリリースまで一貫して担当する、このプロセスはワクワクしました。

何より嬉しかったのは、このツールが社内で高く評価していただき、自社サービスとしてリリースが検討されていること。学生でありながら、世に出せるプロダクトづくりに関われるなんて、入社前にはイメージしていませんでした。

こんな自分の想像を超えた大きな経験を日々得ることができています。アルゴリズムの魅力は、「自分次第でいくらでも挑戦できる、そしてその挑戦を応援してくれる環境があること」。私にとっては最高の環境でした。

社会課題を仕組みで解決する、
フルスタックエンジニアを目指して

アルゴリズムの魅力は、それだけではありません。ここで出会ったエンジニアの先輩社員の方が、高い技術をもち導いてくれるだけでなく、いつも成長の機会を与えてくれます。とても尊敬できる方ばかりで、ここで働く毎日が本当に楽しくて充実しています。

私のそんな気持ちが伝わったのか、「うちに就職しない?」と誘っていただき、改めて就職面談を受けることに。面談では、副社長から「どんなビジョンを持っているの」と聞かれ「介護の課題解決をしてみたい」と話しました。

すると、「現場で頑張るのか、仕組みを変えるのかどっちの道を進みたい」とさらに問いが。どちらも意義深いですが、私は後者を選びました。ここで技術を高めて社会の仕組みをさらに良くするものを作りたい。

まずは、自分のスキルを上げ、フルスタックエンジニアを目指します。機械学習や他の言語にも手を広げて、自分が思い描く、理想のエンジニアを追求してみたいと思います。ここ、アルゴリズムで。